そらのぐるぐる目を追う(3)

f:id:h30akihosoku:20190526035715p:plain


さてさてさて、ニコ生のカレイドスター元号が発表された4月1日に再開。その新元号『令和』ということで、レイラさんが出てくるとついつい「令和さんっ」と呼びたくなる響きになっています。

二期の『新たなる翼』ではレイラさんが去った後のそらの葛藤、新キャラとのぶつかり合いが描かれ、なかなか一期のような勢いでは進んでいきません。果たしてそらの行く末はいかにッ。

 

「カレイドスター」第1期・第2期を一挙放送|ニコニコインフォ

 

 

wiki参照 脚本 絵コンテ 演出 作画監督

27話  スターへの すごい プロローグ(前編)

f:id:h30akihosoku:20190407140229j:plain f:id:h30akihosoku:20190407140226j:plain 
まずは一期の総集編から。最初は敵意をみせていたミアとアンナが、早い段階で親身になってくれたのはホッとしたというか。正直、じりじりとした物語を覚悟するところだったので、1~3話でホップステップジャンプと駆け上がっていったのはいい展開だったなぁと思います。当時観ていた方の感想をもう少し見てみたいかも。
CMとの繋ぎ?ではイカした文句とフォントで盛り上がります。フール子安の語りもグットだよーグーット。

この二期の『新たなる翼』から東京では、木曜夕方から土曜朝に時間が変更となっています。ただ、他地域での時間変更はなく、北海道・愛知・せとうちは朝アニメ枠で一年継続していたみたいです。時間帯は全局バラバラ。

f:id:h30akihosoku:20190407140237j:plain f:id:h30akihosoku:20190407140234j:plain
そんな総集編の一話冒頭。なんと、ぐるぐる目が登場していました。そうでした、この記事は《そらのぐるぐる目》を追っていく記事なんでした。今回は、ロゼッタのときに見せた白目の中に描かれる細い線のぐるぐる目。左は完全に渦巻いています。

 

31話 情熱の すごい ライバル中瀬理香 佐藤順一 筑紫大介 高津幸央・野崎真一)

f:id:h30akihosoku:20190407140610j:plain
きました新キャラ・メイ。そして、指にはぐるぐる指紋がっ。以前、オーナーさんの指先に言及しましたが、今回の人差し指にはぐるぐるあり。

f:id:h30akihosoku:20190407140613j:plain f:id:h30akihosoku:20190407140616j:plain
カレイドスターには多くの名言、記憶に残る台詞があります。マリオンとロゼッタ「そらイズカレイドスター!」は重い雰囲気を振り払ってくれる印象的なフレーズでした。そして、そらの目の反射?はフカヒレを想像。

f:id:h30akihosoku:20190407140620j:plain f:id:h30akihosoku:20190407170910j:plain
厳しい言葉などで軋轢が生じ視聴者の不満もたまっていくなか、そらからあの台詞が飛び出します。スカッとする言葉ではないのですが、「そらぁぁぁ」と拳を握る場面です。

それをネタに取り入れた漫画の一場面が妙に印象的で。確かホヤ投げ大会でのくだりだったかな。きらら系の『◯本の住人』1巻。不出来な兄と健気な妹の日常ギャグ漫画。近い時期にハマっていた作品では、『ひろなex』や『空想科学X』もありますが、一度にあまり多くは摂取できないかも。

○本の住人 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

○本の住人 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

 

32話 氷の上の すごい 対決上代務 佐藤順一 玉川達文 福島豊明・金崎貴臣

f:id:h30akihosoku:20190407140919j:plain f:id:h30akihosoku:20190407140925j:plain 
メイがどっか行ったということでサラさんが想像を膨らませます。そのイメージには、中華的な雲が登場し渦巻いています
メイは得意なスケートで舞台主役をアピール。リンクでたくさんぐるぐるしますが割愛。そらもスケート未経験ながら負けじと挑戦。やってやれないことはないッ

くるくる プリンセス ~夢のホワイトカルテット~

くるくる プリンセス ~夢のホワイトカルテット~

 

 

f:id:h30akihosoku:20190407140931j:plain f:id:h30akihosoku:20190407141151j:plainf:id:h30akihosoku:20190407141154j:plain f:id:h30akihosoku:20190407141158j:plain
だぁぁぁぁ。スケート初挑戦のそらはやはりうまくいきません。壁へのぶつかりっぷりはちょっと痛々しいです。しかししかししかし、イメージしていたあのぐるぐる目が登場。頭上には星と赤血球的なものが回り、ぷしゅーとダウン。

f:id:h30akihosoku:20190407141203j:plain f:id:h30akihosoku:20190407141200j:plain
f:id:h30akihosoku:20190407141422j:plain f:id:h30akihosoku:20190407141425j:plain
新キャラ・レオンの超人的な動きに盛り上がりつつ、そらとメイで激しい競争。強風に吹かれているかのような、絵にも描けないすんごい動きになっています。ぜひぜひ動画で。レオンも二人の熱意に実は◯を示しているかのような描写も(テキトー)。

 

33話  汗と涙の すごい ロゼッタ(吉田玲子 和田高明 和田高明鈴木雄大

f:id:h30akihosoku:20190407141427j:plain f:id:h30akihosoku:20190407142333j:plain  f:id:h30akihosoku:20190407142338j:plain f:id:h30akihosoku:20190407142343j:plain
二期序盤でカレイド軍団に加わったロゼッタ。そらと同部屋で、寝巻きローブをふわふわさせ動き回ります。魔女の宅急便を思い起こすローブ姿は結構描写されているのでひっそり注目です。そらもしっかり目線を合わせながら応答。
この回は、ロゼッタマスター・和田さんが一期に続いて絵コンテ・演出・作画監督を務めています。池田さんのコラムにも結構登場。逸話が出てきます。

f:id:h30akihosoku:20190407141433j:plain f:id:h30akihosoku:20190321163810j:plain15f:id:h30akihosoku:20190408131956j:plain f:id:h30akihosoku:20190408132007j:plain
ロゼッタのベッドにはツタのようなくるんとした装飾。支柱・街灯も似たデザインになっています。携帯電話もお揃い。最初、そらがロゼッタの携帯を使っているのかなと思いましたが。ドーンと描写されて「あぁ」と気づかされます。(違ったらめんご)

f:id:h30akihosoku:20190407142555j:plain f:id:h30akihosoku:20190407142558j:plain
f:id:h30akihosoku:20190407142600j:plain f:id:h30akihosoku:20190407142603j:plain
本作といえば明るいギャグ。歌姫・サラさんは東洋武術のマニアらしく、一見胡散臭い流派も含め稽古にいそしみます。それがちゃんと物語に反映されているのがまたすごい。人魚姫の回は最高でした。
総集編で名実ともに案内役と化したお風呂の妖精フール子安は、ロゼッタの愛玩物に「ちゅっちゅっちゅ~」と一発気合を入れます。さすがにやばいとみたか、汚物同様の処理を喰らう寸前に。「ごめんして」は好きな言い回しです。さすが名台詞の宝庫、カレイドスター

f:id:h30akihosoku:20190407142606j:plain f:id:h30akihosoku:20190407142848j:plain
f:id:h30akihosoku:20190407142858j:plain f:id:h30akihosoku:20190407142901j:plain
マリオンとロゼッタを両サイドに抱えたそらママ状態はなんとも慈しい光景。そらの大きさを垣間見ます。ジョナサンはブランコでコロンビア状態。
ブランコ初心者のロゼッタは、やや前のめりになり空回りが続きます。そこで公園に出向き、ジャグリングをマリオンのクラスメイトに教授したり、公園のブランコをそらと一緒に漕ぐことで、心を落ち着かせ決意を再度固めます…っていうか、このブランコ危ないよっ。さすがカレイドステージ近くにある公園です。

実はこの回、東京で見た記憶があるんですよね。当時、作品名は知りませんでしたが、《ジャグリングでブランコで青空で》など公園のシーンを覚えていて、ほぼ間違いないと思います。なのでこのシーンは物語としての感動と当時の記憶が重なって、こういう回だったんだなぁとより嬉しいシーンになっていたりします。

 

34話 やっぱり すごい レイラさん(平見瞠 SATAKE 鎌仲史陽 野崎真一・加藤裕美)

f:id:h30akihosoku:20190407143640j:plain f:id:h30akihosoku:20190407143645j:plain 
ニューヨークに活動拠点を移したレイラさん。そらが助っ人に呼ばれ、サーカスの回に続き遠征・出稽古・武者修行に向かいます。そんなレイラさんは自転車で登場…って、看板にぐるぐるがッ。見逃してました。『COLlCLUE』的な文字の並び。
レイラさん第一声の「そらー!」は、なんともいえない感情がこみ上げてきます。声と姿が見えたとき、そらは感極まります。こちらも、そらに近い反応で見てしました。

f:id:h30akihosoku:20190407143654j:plain f:id:h30akihosoku:20190407144120j:plainf:id:h30akihosoku:20190407144123j:plain f:id:h30akihosoku:20190407144126j:plain
レイラさんがコーヒーを淹れてみて、直々に持ってきてくれます。なんたる光栄。レイラさん万歳。そんなレイラさんからの直言にそらとメイはそれぞれの思いを巡らせます。そして、ひとしきり話し終え、醒めたコーヒーを口にして一言「にがいわ」。レイラさん18才か19才。大原さやかさんのこの一言は、本作のマイナーな記憶に残る台詞の一、二を争そうような気がします。

そらにとってレイラさんの言葉は特別であり、もどかしい描写が続いていたなか、多少溜飲の下がる部分もありました。やっぱりすごいレイラさんでした。

 

35話 マリオンの すごい デビュー土屋理敬 坂田純一 福多潤・唐戸光博 福島豊明・金崎貴臣・高橋成之)

f:id:h30akihosoku:20190407144258j:plain f:id:h30akihosoku:20190407144302j:plainf:id:h30akihosoku:20190408130317j:plain f:id:h30akihosoku:20190407144132j:plain
早い段階からそらたちと親睦を深めてきた天地創造大道具・ジャン、の娘マリオン。レオンの大人向けの舞台だけでなく、子供に向けた舞台へも取り組もうといったなか、マリオンがジョナサン使いとして見いだされ舞台へ参加します。
ただ、内なる思いもあり、様々な葛藤を経て、そらとの共演を決意します。一同納得なところなんかも非常に良いのです。サラさんのひよこ拳も冴え渡ります。

f:id:h30akihosoku:20190408130545j:plain f:id:h30akihosoku:20190407144456j:plain 
初め緊張気味のマリオン。そらと息を合わせ目を合わせ演技が高まっていきます。そして、手を合わせ優雅に舞い降りる様に、子供たちから感嘆のため息が漏れます。そんな姿にジャンも「マリオン」と振り絞った一言。こちらも「菅原さんっ」と振り絞らずにはいられません。描写も相変わらず丁寧で音楽と全てが一体になったいい場面です。この温かい舞台、歓声にそらも手ごたえを掴み、今後への道標となっていきます。

 

36話  レオンとの すごい 特訓上代務 佐藤英一 筑紫大介 福島豊明・鈴木雄大

f:id:h30akihosoku:20190407145115j:plain
あ、マットがくるくる巻かれています!とか苦し紛れに。

 

37話 二人の すごい 悪魔中瀬理香 佐藤順一 江島泰男 高津幸央・加藤裕美)

f:id:h30akihosoku:20190407145118j:plain f:id:h30akihosoku:20190407145121j:plain
レイラさんがファミチキならぬフェニチケを持ってきてくれて、前回から二期のストーリーにがっつり絡むようになっていきます。サラさんは「絵にも描けない、すごい拳法を披露」ギャラクシーエンジェルのドラマCDにも似たようなネタがあったのを思い出しました。

 11. 絵にも描けない話

検索したら簡単に出てきてくれました、ラッキー。ドラマはラジオで流れたものかな。エンジェルラブ?がまだなら、GAだにょ?。あとで確かめてみます。時期はかなり近いですね。
GAはアニメスタッフの方向性で原作とは違ったギャグの楽しい作品になったらしいです。個人的に明るいギャグの応酬が好きななので、ラジオやラジオドラマで親しみ、アニメを見てさらに好きになった作品です。

 

38話 天使の すごい 反撃(平見瞠 河本昇悟 玉川達文 金崎貴臣・樋口靖子)

f:id:h30akihosoku:20190408231218j:plain
メイの必殺技、デーモンスパイラル。悪魔に螺旋、和名は螺旋千手観音でしょうか。これまでぐるぐる目を探し、螺旋や渦巻きにも注目していきましたが、もはや定義がなんなのか混乱してきます。

f:id:h30akihosoku:20190407145525j:plain f:id:h30akihosoku:20190407145531j:plain 
新たな道を求めそらはユーリ接触。一期の呪縛から解き放たれ、ただの穏やかな鉄壁のイケメンになっています。印象的なシーンで流れる『Cinderella~Piano Version~』も深い味わいです。
そらはいつものかわいいコート、ユーリは頼れるお兄さんというギャップで色々妄想をかき立てられます。そらが技術的にも内面的にも認められているからこそ成り立つ二人の後ろ姿。そんなこんなで、そらはユーリと新技の特訓をして明日という次週(今週木曜)へ続きます。

というわけで、ぐるぐるを探していたらしい今回の記事、登場したのは目が2つ、それ以外2つ、あやふや3つくらいでした。スケート特訓の回でこれぞ《ザ・ぐるぐる目》が出てきたので、やっぱり今回も書こうとなりましたが、ぐるぐる目はやぱっぱりいいもんですね。

キーワードで動画検索 カレイドスター dアニメ - ニコニコ動画

「カレイドスター/第2期」13話~15話上映会 - 2019/04/11 17:00開始 - ニコニコ生放送

「カレイドスター/第2期」13話~25話一挙放送 - 2019/04/15 19:00開始 - ニコニコ生放送

せっかくのゴンゾタイムですから、見るっきゃないっないっないっ。

 

 

番外編

 

www.irasutoya.com

グッスマのフィギュアになっていたことで知った、いらすとやのぐるぐる目。沼にハマる人。グッスマのほうが丸っこくなって可愛いです。お互い流石ですね。


f:id:h30akihosoku:20190120025411j:plain f:id:h30akihosoku:20190408191309p:plain

ぐるぐるといえばニョロゾ。丸っこくてぐるぐるで好きなポケモンです。次の進化は特殊な石か通信ですから、実際育てるのも目安がつけやすそうでいいなぁと思ったり。昔、ポケモンセンター・トーキョーの看板三匹の内の一匹でした。なんでニョロゾだったんだろ。

…は、ピカチュウ・ヒトカゲ・ニョロゾの並びを見てなんとなくわかりました。ピカさまは象徴、ヒトカゲは御三家。で、御三家が二匹だと一匹をハブる形になりますから、田尻さんの好きなポケモンニョロゾに白羽の矢を立てた…んですかね(予想)。オタマジャクシからうまくデザインされていますし、ぐるぐるもキャッチ―ですし、可愛さもありますしね。

なんとなく目の前にあるモンコレのニョロゾを書いてみたのですが、渦巻きがで正しくは左巻きでした…。描いてみて知る向きというか。

ニョロゾとは (ニョロゾとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

ポケモンセンターオリジナル ワッペンセット PIKACHU FACE

ポケモンセンターオリジナル ワッペンセット PIKACHU FACE

 

ワッペンにぐるぐる目のピカチュウ。ただ、楕円ピカチュウはどうもなぁと。ちょっと機能的すぎるというか。やっぱり、初代のもっちりピカチュウが好きです。

 

www.soundtrackpub.com

www.youtube.com

要所要所で「オウッオウッオウッ」と涙腺を崩しにかかる『Cinderella ~Piano Version~』窪田ミナさんの素晴らしき楽曲。完全なサントラは当時?出なかったらしく、2015年に究極のすごいサントラが発売されたみたいです。つべから、2012年頃の綺麗な演奏。

 

www.style.fm

前回書いていた途中に知った池田東陽プロデューサーの回顧録。1話1話丁寧に振り返っているので、ネタバレ注意で読んでいます。
記事自体は、OVAレイラ・ハミルトン物語とも連動して始まったコラムでしょうか。第一回は2005年10月なのでテレビシリーズ放送から約2~3年。約15年経った今から見ればフレッシュな回顧録です。池田さんが非常に熱心に取り組み決断していた様子が伺えます。佐藤監督や和田さん、玉川さんなど、現場の方のお話しもたまりません。

 

www.nicovideo.jp 公式

www.nicovideo.jp dアニメ

以前、作品を見て涙を流したのは初めてかも…と書きましたが、35話のマリオン回だったんですよね。DVDを借りて観てて。PS2で。04話から続くマリオンとそらたちの関係、親と子の思い、仲間の和の中でそらの光を浴びてより輝いていく。その姿にただただ感動。

f:id:h30akihosoku:20190408130323j:plain 
舞台でそらと共演するなかでマリオンの表情がより花開き、そらも見守るように、ジャンプした到達点から降下し手を取り合う。その二人の溢れんばかりの感情は観客席に伝わり、そんな光景が美しく嬉しかった…という、すごく引き込まれる場面です。

35話のところで書いてることとまぁ一緒なんですが、ジャン役の菅原さんの「マリオン」の一言も最高なんですよね。音楽もあまりに自然ですが、ジャンとマリオンのシーンからずっと奥底で揺さぶっていて。なんてすごい作品なんだ…と涙が溢れ出ているなか映るあの二人。泣き笑いしながら「いたんかい( ;∀;)」「今はいいわ( ;∀;)」とツッコまずにはいられませんでした( ;∀;)。

この二期がどうなっていくんだろうというなかで、ロゼッタやレイラさん、マリオンの回が登場し、感動し熱くなり布石になっていくという。34話でのレイラさんのワンシーンも、レイラ・ハミルトン物語のジャケットに繋がっているとかで。そんなすごいステージを描ききるスタッフさんたちの働きはすごいっとしか言いようがありません。

 

f:id:h30akihosoku:20190407144306j:plain f:id:h30akihosoku:20190407144310j:plain
カレイドステージ印のマグカップ。遠目だと若干逆転裁判のタイホくんを彷彿。何気ないグッズですが、あれもしや、と思って検索したら…

 

カレイドスター | カレイドステージ マグカップ

f:id:h30akihosoku:20190409025834j:plain
やっぱりあったー音泉でよく聞くジーストアから発売してたらしいです。

カレイドスター 湯のみ すごラジCD7巻 ジーストア購入特典 | 中古 | マグカップ・湯のみ(キャラクター) | 通販ショップの駿河屋

f:id:h30akihosoku:20190409021927j:plain
関連でラジオネタのだんご虫湯飲みが( ;∀;)。ラジオCDのジーストア特典。アニメ終了後に開始したインターネットラジオの第一回で生まれた伝説のだんご虫。これはすごい嬉しい特典だ。(キーワードで動画検索 カレイドスター ダンゴムシ - ニコニコ動画



カレイドスター 2009年度スクールカレンダー | 中古 | カレンダー | 通販ショップの駿河屋

f:id:h30akihosoku:20190409022500j:plain

あっ、そらの親指にぐるぐる指紋が。やはりぐるぐる指紋が描かれなかったあのオーナーは選ばれし者ではなかったのか。
商品は2009年のカレンダー。この時期にも商品が出ていたんですね。メーカーのエンカレッジフィルムズって最近見たような・・と思ったら、池田さんのwikiの項目で。2007年頃にゴンゾを抜け、追崎さんと立ち上げた会社。そこの商品なんですね。

そんな愛に溢れたカレイドスター。最後まで見るっきゃないないないー。